みんなにオススメしたいマットレス
2019年4月9日

羽毛布団の中身をクリーニング

大事に使っている羽毛布団が洗濯してもくたびれたまま戻らなくなったならば、中身をクリーニングしてみるといいでしょう。

中の羽毛を洗浄することによって、ダニとほこりを完全に除去することができます。羽毛布団自体は高密度なシーツを使用しているので、ダニとほこりが入ってしまう心配はありません。しかし完全にシャットアウトできるわけではないので毎年丸洗いを行う必要があるのです。それでもだんだんと内部に汚れが蓄積してしまうので、おおよそ十年から十五年ごとに中の羽毛をクリーニングしていきましょう。

布団を仕立て直すとなると大掛かりなものであるイメージがありますが、最近は工業技術の発達と羽毛自体の量産化によって低いコストでできるようになりました。なので安いものであれば買い替えたほうがお得ですが、高級な羽毛布団であれば中身を取り出してクリーニングしたほうが低いコストできれいなものを入手することができるのです。今までこういった布団の仕立て直しというものをやったことがないという人は、まずは業者に相談してみるといいでしょう。

意外と少ない見積もりでやってもらうことができ、安心できます。昔のイメージでは羽毛布団の中身はかなりの高級品となっていましたが、最近はかなり低コスト化が進んできているのです。洗濯だけでなく中身のクリーニングもしっかり実施していきましょう。そうすれば羽毛布団という寝具はかなりの期間使うことができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *