みんなにオススメしたいマットレス
2019年4月12日

羽毛布団をクリーニングする方法

羽毛布は、浸かっている環境や布団カバーの有無によって誤差はありますが、10年以上寿命があると言われています。

しかし汗や皮脂の汚れなどが付着すると側生地の劣化を早めたりしてしまうことが原因で、羽毛布団の機能が損なわれてしまうので注意が必要です。それを防ぐためには、クリーニングが必要となります。定期メンテナンスすることによって、寿命を延ばすだけでなく、快適に使用することが出来ます。クリーニングを行う利点として、羽毛布団の機能を復元するだけでなく寿命を延ばせると言った点があります。

しかし洗剤や洗濯水の温度、洗い方、乾燥温度に関して側生地や中わたの羽毛を傷めない方法で行わないと逆効果になる場合があります。羽毛布団の側地羽毛が飛び出さない加工がされており、間違った方法で洗ってしまうと側地から羽毛が飛び出し易くなってしまい、逆に羽毛布団の寿命を縮めてしまうことになるのです。クリーニングの方法としては、ドライクリーニングと水で洗う丸洗いという二つの方法があります。

前者を利用する場合、使用している洗剤で羽毛の表面を保護している油脂分を落としてしまい、逆にダメージを負わせてしまうことがあります。よって利用する場合は必ず水洗い又は丸洗いを指定するようにしましょう。また、全てのクリーニング店が、羽毛布団の丸洗いに適しているわけではありません。そのため、少しでも不安に感じている人は、専門業者に頼むなど使用すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *